Yamaguchi michiko 山口路子

  • ジャンル 作家
  • 生年月日 1966年5月2日
  • 星座・血液型 おうし座・B型
  • 出身・出身校
  • 所属事務所 株式会社オレンジ
  • 仕事内容 セミナー、講演、トークショー、執筆
  • プロフィール:
    文筆業・トークイベント、テレビなどに出演中。

    実績:
    1992年<アートサロン時間旅行>を主宰。
    主に欧米の美術館の「ちょっと知的な」楽しみ方、画家の人生などをテーマにサロンでレクチャーする一方、デパートや美術館等とタイアップして、アートフォーラム、絵画展、写真展などを開催(現在は活動停止)

    1995年より文筆活動を開始。
    講談社刊「フラウ」にて3年間アートをテーマにしたエッセイを連載。「芸術倶楽部」にて、女性アーティストを紹介するエッセイを連載。他、同紙でミラノを拠点に活躍する日本人アーティストの紹介などを行う。

    2001年~2011年 軽井沢を拠点に文筆活動に専念する。
    現在、山口路子の生き方シリーズ(新人物往来社・刊)がベストセラーとなり、累計売上は10万部を突破。スタイルのある生き方を目指す若い女性を中心に注目を集めている。

    <主な著書>
    2003年『彼女はなぜ愛され、描かれたのか~大人のための恋愛美術館』(すばる舎)
    2003年『うっかり人生がすぎてしまいそうなあなたへ』(すばる舎)
    2004年『いい男と出会えていないあなたへ』(青春出版社)
    2006年 小説『軽井沢夫人』(講談社)
    2007年 小説『女神 ミューズ』(マガジンハウス)
    2009年『ココ・シャネルという生き方』(新人物往来社)
    2010年『サガンという生き方』(新人物往来社)
    2010年『美神(ミューズ)の恋 ~画家に愛されたモデルたち』(新人物往来社)
    2012年「マリリン・モンローという生き方」(新人物往来社)
    2012年「恋に溺れて女になる」(中経出版)
    2012年「オードリー・ヘップバーンという生き方」(新人物往来社)